理念

理念

 当財団は昭和44年12月に創設されました。当時はベトナム戦争が苛烈を極めており、南ベトナムには戦争で両親を失った戦争孤児があふれていました。他方、わが国は敗戦の廃墟から立ち上がり、奇跡的といわれる経済発展を果たしていました。

 財団の創設者たちは、「繁栄を成し遂げたら、アジア地域や世界のためにも気を配ってゆかなくては国際社会から信用されなくなってしまう。協力というのは経済的利益を分かちあうばかりではなく、他に困っている国があれば苦難を分かちあう姿勢が大事だ」との考え方のもと、日本政府や南ベトナム政府の協力を得て、サイゴン市(現ホー・チ・ミン市)郊外ビエンホアに戦争孤児のための職業訓練学校を立ち上げ運営にあたりました。それが当財団の始まりです。


 この創設の精神を引き継いで開始されたのが、アジア諸国の指導者をわが国に招聘する事業や、インドシナをはじめとする難民の救援・定住事業です。このように当財団は一貫してアジア諸国との交流を通じて信頼関係を培い、アジア地域の安定に寄与することを目指しています。現在、世界では、経済的利益を求めて企業の海外進出が拡大し、外国人労働者や移民が増加しています。そのため多くの国や地域で価値観が多様化し、各国固有の伝統や宗教との間で深刻な軋轢が生まれ、それを嫌って排外主義や孤立主義が声高に主張されています。


 アジアの安定を希求するなら、自国の伝統的精神と他国の考え方を両立させていかなければなりません。異なる主観がぶつかり合った場合に解決へ導くのは、価値観や文化の多様性をお互いに認め合うことです。そのためには、異なる文化や価値観を持った者への「思いやりのこころ」がなくてはならない、と私たちは考えます。豊かで平和なアジアをつくるうえでは、アジアの人々が共有する穏やかな精神文化の涵養に力を注いでゆくことが必要だと考えます。


 アジアに共通の不易の精神「思いやりのこころ」を基礎として、アジアの安定と相互理解を深めるため役に立ちたいと願っています。