116回アジア諸国社会福祉関係者招聘(2018年10月)

投稿日: カテゴリー: co-prosperityNews招聘プログラム

当アジア福祉教育財団では、アジア諸国において孤児、母子などの福祉事業に従事している関係者を日本に招聘し、日本と被招聘国相互の交流と啓発を図り、アジア諸国の福祉対策の向上に資するため、昭和53(1978)年以降、社会福祉関係者招聘事業を実施しています。

2018年10月17日から24日までマレーシア、ネパール、パキスタン、シンガポールの社会福祉関係者を招聘し、講義、施設見学、日本文化体験等の研修を行いました。

研修の詳細をご紹介いたします

被招聘者 マレーシア 女性・家族・社会開発省の皆様

被招聘者 ネパール連邦民主共和国 女性・子供・高齢者省の皆様

被招聘者 パキスタン・イスラム共和国 内閣官房中央行政開発室他の皆様

被招聘者 シンガポール共和国 社会・家庭振興省他の皆様

主な研修スケジュール

研修初日に当財団の理事長のご挨拶のあと事務局長から研修での諸注意や日本の歴史、文化等についてオリエンテーションを実施

10月18日 元厚生労働省幹部より日本の社会福祉について講義

10月18日 歓迎レセプションの主催(於:シェラトン都ホテル東京 嵯峨の間)

10月19日 厚生労働省での講義「日本社会の構造変化と地域共生社会の実現に向けた取組」

10月19日 大和ハウス工業の介護ロボット体験見学

10月20日 特別養護老人ホーム「新橋さくらの園」見学

10月20日 中間報告会(於:財団事務局)

10月22日 社会福祉法人太陽の家 京都事業部見学

10月22日 奈良市社会福祉施策の講義

10月22日 奈良県障害者総合支援センター見学

10月23日 理事長主催Farewell Partyにて総括報告会を行う