藤原理事長による駐日スリランカ大使館での弔問記帳

投稿日: カテゴリー: enlightenmentNews

スリランカ民主社会主義共和国のコロンボ市、ネゴンボ市及びバティカロア市等において発生した同時爆発テロ事件を受け、藤原理事長が2019年4月24日に駐日スリランカ大使館を訪問し、弔問記帳を行うとともにダンミカ・ディサナーヤカ大使へ哀悼の意を表しました。

 

スリランカ爆弾テロに対する弔問記帳

I was deeply shocked and saddened to have heard of the indiscriminate bomb attacks by terrorists which occurred in the capital of Sri Lanka on 21st of April. On behalf of FWEAP, I offer my deepest condolences to the victims and their bereaved families and pray for all those who suffered from unforgivable attacks by the terrorists. I strongly hope that no such terrorist acts will occur again in any countries in the world.

President  Masahiro  Fujiwara

4月21日にスリランカの首都で起きたテロリストによる無差別爆弾攻撃を聞き、私は深いショックと悲しみを覚えました。FWEAP(アジア福祉教育財団)を代表し、犠牲者とそのご遺族に対し、私は衷心よりお悔やみ申し上げるとともに、テロリストによる許し難い攻撃を受けた被害者全ての方々に祈りを捧げます。

理事長 藤原正寛