難民コミュニティへのおくりもの

投稿日: カテゴリー: Uncategorized

アジア福祉教育財団では、2020年11月下旬、ハウス食品株式会社様のご協力を頂き、主に首都圏に所在するベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマーの難民コミュニティに対して、「とんがりCorn」、「フルーチェ」、「こくまるカレー」を各々520個贈呈しました。例年、こうした贈り物は、「日本定住難民とのつどい」に参加された方々へのお土産として差し上げているのですが、今年はコロナ禍のために、その場でお配りすることができませんでした。そこで、「つどい」の一環として行われた「定住難民との意見交換会」に参加した8つの難民団体にお送りして、各々の難民コミュニティで配布して頂いたものです。

財団には、各コミュティから多くの感謝と喜びのメッセージが寄せられています。

 

 

日本在住ベトナム人協会(VAJ)

ハウス食品のカレールーはいつも重宝しています。

フルーチェも楽しみにいただきます。

(レー・フック・ダイ幹事長代行)

かながわベトナムボランティアグループ

母子家庭の子供たち「わーい!僕たち、とんがりコーンは大好き。ありがとう。」と大喜びでした。

(佐藤難民事業本部相談員)

 

群馬県カトリック伊勢崎教会ベトナム人コミュニティ

コロナ禍の今年はつどいに参加できず残念でしたが、

こんなに沢山のお土産を財団から送って頂きました。

お心遣いが嬉しいです。(朝倉平代表)

在日本ラオス協会

令和2年12月6日、文化センター前にてコミュニティの困っているメンバー

10世帯に財団から送られたハウス食品寄贈品を贈呈。喜ばれました。(結城ソンプ会長)

 

在日カンボジアコミュニティ(CCJ)

コミュニティの皆にハウス配りました。

有難うございます。(楠木立成理事長)

カンボジアこども支援センター他

財団から頂いたハウス食品寄贈品は、コロナ禍で職を失った、特に女性コミュニティメンバーへ優先的に配布しました。カレーもお菓子も大好きな子供たちが喜んでいました。(西村明代表)

 

PEACE(ミャンマー少数民族友好団体)

いただいたお土産について名古屋在住の第三国定住難民の方々と東京在住のミャンマーコミュニティの方々へ大切にお届けしました。受け取った方々の笑顔がとても印象的でした。心から感謝されていました。(マリップ・センブ理事長)

在日ビルマロヒンギャ協会(BRAJ)

群馬県館林在住のロヒンギャコミュニティの子供たちに、財団が送ってくださったハウス食品(とんがりコーンとフルーチェ)を配布しました。皆、嬉しそうでした。有難うございました。(ゾウ・ミン・トウ会長)