特定非営利活動法人 かながわ難民定住援助協会への資金援助

投稿日: カテゴリー: 資金援助

2021年5月27日、特定非営利活動法人 かながわ難民定住援助協会の松本典子(まつもとのりこ)

理事(同協会の櫻井弘子会長の代理)と当財団の藤原正寛理事長は、2,000,000円の資金援助契約に

署名をしました。署名式は、新型コロナウイルス感染症の蔓延防止を考慮し、リモート形式にて

開催されました。

 

この事業は、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、経済的に困窮している難民定住者などの

救済を目的に、同定住援助協会が実施する食料援助を支援するものです。

この資金援助によって、神奈川県を中心とした首都圏、関東地方、及び一部の近畿地方に在住するベト

ナムからの定住者やベトナム人留学生、技能実習生など約250人、そして、神奈川県内に在住する

ラオスからの定住者30人余りに、米、缶詰、スープ春雨、ソーセージなどが無償で配られます。

 

特定非営利活動法人 かながわ難民定住援助協会のホームページ

    かながわ難民定住援助協会ホームページ (enjokyokai.org)

 

写真

 上部の左: 財団ビルの署名式会場での藤原FWEAP理事長と小川FWEAP事務局長

(モニター内は、神奈川ベトナムボランティアグループの日野 肇氏と定住援助協会の松本理事)

 上部の右: 契約書に署名する藤原FWEAP理事長(モニター内は同じく署名する松本理事)

 下部:         署名を終え、契約書を掲げるかながわ難民定住援助協会の松本理事(モニター内の右側)と

藤原FWEAP理事長