群馬県などに居住するロヒンギャ難民コミュニティへの資金援助

投稿日: カテゴリー: 資金援助

2021年6月21 日、社会福祉法人 日本国際社会事業団(英略称:ISSJ)の永坂哲理事長と当財団の

藤原正寛理事長は、1,225,000円の資金援助契約に署名をしました。

署名式は、新型コロナウイルス感染症の蔓延防止を考慮し、リモート形式にて開催されました。

この事業は、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、困窮している難民定住者などの救済を目的としており、

ISSJによる日本に滞在するロヒンギャ・コミュニティのメンバーを対象とした食料等の援助を支援するものです。

 

 

 

               この資金援助によって、群馬県内を中心とした 

               首都圏、 及び一部中部地方に在住する子どもを

               含む約240人のロヒンギャの人々に対し、米 、 

               野菜パッケージ、子供向けハラール菓子、

                衛生用品などが無償で配られます。

 

 

 

社会福祉法人 日本国際社会事業団のホームページ

社会福祉法人日本国際社会事業団(ISSJ)

 

写真上:左から石川美絵子ISSJ常務理事、永坂 哲ISSJ理事長(モニター画面内)、藤原正寛理事長、

                 安細和彦理事長補佐兼総務部長

写真下:署名を終えた契約書をお互いに掲げる永坂ISSJ理事長(モニター画面内)と藤原理事長