難民定住者(なんみんていじゅうしゃ)のみなさんへ

〜新型(しんがた)コロナ肺炎(はいえん)の拡大(かくだい)について〜

   

アジア福祉教育財団(ふくしきょういくざいだん)理事長(りじちょう)の、藤原正寛(ふじわらまさひろ)です。

いま世界中(せかいじゅう)で新型(しんがた)コロナ肺炎(はいえん)という病気(びょうき)が流行(りゅうこう)しています。みなさんも仕事(しごと)や学校(がっこう)が休み(やすみ)になってこまっていませんか。

私(わたし)たちは、日本(にほん)で頼(たよ)るあてのないみなさんを、すこしでもたすけたいと思(おも)います。そこで、つぎの2つのことをはじめます。

ひとつは、世界(せかい)のいろいろな言葉(ことば)で、この病気(びょうき)についてのニュースをつたえることです。これがどんな病気(びょうき)か、どうしたら病気(びょうき)にならないですむか、日本政府(にほんせいふ)がみなさんになにをしてくれるかなどを、このホームページとFacebookをつかって、5つの言葉(ことば)でおつたえします。

もうひとつは、みなさんを助(たす)ける民間団体(みんかんだんたい)に資金(しきん)を支援(しえん)することです。どうしたら支援(しえん)をうけられるかは、資金援助(しきんえんじょ)のページをごらんください。

みなさん、力(ちから)をあわせて、コロナ肺炎(はいえん)にまけないよう、がんばりましょう。

 

アジア福祉教育財団では、政府の緊急事態宣言を受け、職員全員がテレワークを行なっております。

緊急のご用の方は、お手数をおかけいたしますが、 info@fweap.or.jp (資金援助に関しては、covid19shien@fweap.or.jp)までご連絡いただけますようお願いいたします。